banner

会社名や事業目的

会社設立のための定款には、会社名や事業目的を記載します


起業して会社をスタートするためには、会社設立を行う必要があります。
会社設立の手続きとしては、設立項目を決定して印鑑の作成を行います。
定款という会社のルールをまとめたものを作成して、定款の認証を受けます。
登記書類の作成を行って、会社設立の登記を行ってから、開業の届け出をします。

会社設立を行うときに悩むポイントの1つとしては、会社名を決めることと言えます。
会社名を決定できる権利は、創業者に与えられている特権と考えることもできます。
会社名を考えるときには、法律的に守らなければならないルールが存在しています。
株式会社を設立するときには、会社の名前のどこかに株式会社という文字を入れる必要があります。

一般的に多くの会社では、会社の名前の最後に入れることが多いですが、前や真ん中に入れても問題ありません。
会社の名前に事業部などの1つの部門を指すような文字を入れることはできず、銀行業でないときには銀行という文字を使用することもできません。

すでに実績のある有名な企業の名前を、使用することも禁止されています。
会社法で定められているルールの範囲内であれば、好きな名称を付けることが可能です。
会社の名前を決めるポイントとしては、聞き取りにくいものや発音しにくい名前を避けることが大切です。

読みにくかったり、言いにくい名称の場合には、取引先に自分が電話をかけたときや、名刺交換をするときに名乗るときに、相手が聞き取りにくくて何度も繰り返し名乗らなければならなくなります。
一般的には、覚えやすい名前や発音しやすいものが好まれると言えます。
会社の名前の他にもあらかじめ決めておくべき、設立項目があります。

会社設立をするときには、定款を作成することになりますが、その中には事業目的を書きます。
会社というものは、定款に記載している事業目的に該当しない事業を行うことはできません。
株式会社については、株主に出資してもらって営業していく形態の企業になりますので、目的がしっかりと定められている必要があります。

事業目的が明確になっていなければ、株主が信頼して出資できなくなる可能性があります。
そのような弊害を防ぐために、会社設立をするときに行っていく事業の目的を決めておくことになります。
会社設立の手続きを行っていくためには、設立項目に関して事前に考えておく必要があります。
事業目的や名称の他にも本店の所在地や、資本金の額、機関設計や役員を決めることも重要になります。

Copyright(c) 2015 会社設立のための定款には、会社名や事業目的を記載します All Rights Reserved.