banner

発起人の通帳

会社設立に必要な発起人の通帳について

会社設立をする際には、資本金の払い込みを行わなければなりません。払い込みを行ったことを証明するために、過去には銀行から証明書を発行してもらわなければなりませんでしたが、現在では発起人の通帳のコピーを添付すれば良くなっています。これによって会社設立をしやすくなったと言えるでしょう。
使うのは発起人の個人の通帳で、ここに資本金を振り込むことになります。非常に簡単なことなのですが、いくつか注意しなければならないポイントがありますから、ここで紹介したいと思います。

まず口座の種類ですが、これは発起人の個人の口座を用います。この段階ではまだ会社設立が完了していませんから、会社としての口座を作成することは出来ません。そのために個人の口座を利用することになります。会社設立のために、個人の口座を新たに作成する人もいますが、そうではなくて今まで使っている口座を利用してもかまいません。

代表取締役になる予定の人が発起人になるケースは多くあります。この場合、代表取締役になる予定の人の個人口座を用いるのが一般的です。代表取締役になる予定の人が発起人ではない場合もありますが、この場合には発起人の誰かの口座を用いることになります。

かつて、郵便局の口座では会社設立の手続きに用いることが出来ず、銀行や信用金庫に口座を持っていなければなりませんでした。しかし、現在はゆうちょ銀行と名前を変えていることからも分かるように、銀行の一種となっています。ですから、ゆうちょ銀行の口座でも手続きを行うことが出来ます。

手続きには通帳のコピーが求められるケースが多いですから、通帳がある方が良いです。最近ではインターネットバンキングやネット銀行などを活用している人も多くいると思いますが、出来ればこれらは避けた方が良いでしょう。
なお、振り込みをする際には、発起人の名前が記載されるようにするのが原則です。振り込みをする際には、振り込み人の名前を入力できますから、その操作をしてもらうようにお願いしておきましょう。

会社設立には必要な手続きで、書類の作成にも必要となります。その扱いについては法務局によって多少の違いがあるそうです。例えばネット銀行の場合、取引明細などが分かるような部分をプリントアウトすれば良いと言われることもあるそうです。手続きをスムーズに行うためには、事前に確認しておくか、あるいは行政書士などの専門家に依頼、あるいは相談するのも良い方法です。

Copyright(c) 2015 会社設立のための定款には、会社名や事業目的を記載します All Rights Reserved.